撮られ慣れないひと

By |2021-02-22T20:25:13+09:002021年2月22日|日常のこと, お仕事のこと|

家事ヤロウの収録事、ナレーターの鈴木省吾さんが撮ってくださいました 撮られる事はとても苦手な私です 「笑って!」と言われてご覧の通り 少し固まり気味なのは事実です 目が腫れてる様にみえるのも事実です 「自撮りいっぱいあげてるじゃん、好きなんじゃないの?」 いやいやまさか   自撮りして投稿が当たり前な昨今 当初は激しい拒否反応でございました ですが、いつの日か気づいたんです 嫌なところにいい発見あるんじゃね?! 「嫌いだったとは思えない」って言われたらすごいじゃない   嫌いな行為だから撮影短時間で終わらせよう アプリの加工に命かけてみよう でスマホをいじってたら上手くなってきました〜 スンバラシ〜( ̄∇ ̄) 自撮りは慣れたよ 好きには突入できないけども

By |2020-12-26T19:47:08+09:002020年12月26日|日常のこと, お仕事のこと, 歳の数だけ初体験|

‏「礎」 今年の漢字はこれに決まり 土台になるに充分な年でした 物忘れが笑うしか無いほど加速した年で それでもいっかとなれた年だった みんなも大変だったよね しんどいカウントは勝手に上がるだろうから 面白いカウント意識してこ んね! (*'▽'*)   ※写真は「人形」にんぎょうといわれるもので (全体が撮れてなくてごめんなさいね) 建て込んだセットの壁支え担当アイテムです 打ち込まれた釘穴がお仕事頑張った証   打つ? 打たれる? どっちもありだな  

活きるところ

By |2020-11-07T20:54:18+09:002020年11月7日|お仕事のこと|

ナレーションを担当してる「家事ヤロウ!!!」 私の他に、渋く落ち着いた声の 男性ナレーターは鈴木省吾さんです 私との対比感が半端ないのは 皆さんもご存知ですよね   その半端ない感は、 渡される原稿にも違いが一目瞭然なんでございます   上段が私 下段が省吾さん 文字の多さ 行間の隙間 漢字とひらがなのバランス ぱっと原稿見ただけでどっちのかがわかるでしょ ( ̄∇ ̄)   男女の違い キャラの違い 表現の違い

うおー!

By |2020-10-16T21:51:20+09:002020年10月16日|お仕事のこと|

ナレ録り 収録で着席するイス このイス こないだの収録の時、まだ暖かかったのです そう、前のナレーターの方の退室を待ってから 私が直ぐに入ったのです よく耳にする声のお方だったので 上手く喋れる気がする!!と上気した気持ちをスタッフに吐露 だって、お尻に温もり感じるんだよ  お尻から上手くなるじゃん 滑舌よくなるしかないじゃん 穏やかで、温かい表現できるじゃん (オバちゃんに活かせるハズ!) できた!と思う! いつも通りか! 変わんないか! アハ! (*≧∀≦*)

お尻から温もりを感じて、、、

By |2020-10-15T00:52:17+09:002020年10月15日|お仕事のこと|

ナレ録り 収録で着席するイス このイス こないだの収録の時座ったら まだ暖かかったのです のナレーターの方の退室を待ってから 私が直ぐに入ったので   よく耳にする声のお方だったので 上手く喋れる気がする!!と上気した気持ちをスタッフに吐露   だって、お尻に温もり感じるんだよ  お尻から上手くなるしかないじゃん 滑舌よくなるしかないじゃん 穏やかで、温かい表現できるじゃん (オバちゃんに活かせるハズ!) できたと思う!   いつも通りか! アハ!

せっかちのいいところ

By |2020-09-16T19:46:23+09:002020年9月16日|日常のこと, お仕事のこと|

苦しい時は苦しいほうに突っ込んでみる   攻める事で見つけられる光や回避、待機 どの解答が今の自分にベストなのかが 分かる事、見つけられた事が 大事なんだなぁとひしひし   だから壁で苦しむのは短時間が理想 直ぐに動くとダメージ少なめで 次の一歩が出しやすい もちろん都合よくいかない事もありまくりだけど、このアンテナっての? 感覚がつかめたら「即」が気持ちいいと思える こわくなくなる   嬉しい事も 悲しい事も 怖い事も 腹の立つ事も   あたし大人になったなぁ

By |2020-08-06T22:02:34+09:002020年8月6日|日常のこと, お仕事のこと|

頑張ってるといい事あります 悲しい事 脳味噌飛びそうな嬉しい事 腹立つ事 ジンワリくる幸せな時間   毎日なのか 毎週なのか 毎月なのか 交互にきますね (たまに午前、午後の時もあるな)   本日は嬉しい日 やっとスタートなのかも 今はお話しできないけど いつか詳しくお伝えできる日のために もっと頑張ります!

Go to Top