1. ホームページリリースの為にコメントを頂いたDotoo!の福田卓郎のご紹介

 

私が所属していた劇団の座長です

今や懐かしい雑誌「ぴあ」のはみ出しに、

公演チケットのご招待を載せていた所がありまして、応募し、タダで観に行った事がdotoo!(当時は劇団疾風DO党)との出会いでした。

 

芝居を観たいけどお金が無い

だから応募しまくった

当たった

観た

当たった

観た

 

その中で「これをタダでみられるなんて!お金払わなきゃ!!」と感激したのがここでした

 

払ってないけど

 

役者全員のエネルギーが小屋中にみっちみちで、小さい劇場なのに大劇場に感じて

時間が一瞬で過ぎるほど楽しかった!

 

アクションではなく、

ファンタジーでもなく、

時代劇でもない日常会話なのに

何でこんなに面白いの!?

 

しかし勢いで入団する勇気は無く数年が過ぎ

「試しでいいので使ってください」と客演での参加を申し出てみた

吐きそうな程緊張したのを覚えてます

 

吐いてないけど

 

卓郎さんは快諾してくださって、参加する事ができました

 

他の公演の事はあまり覚えてないのですが、

この時の稽古や楽屋、

劇場のトイレで大先輩に声をかけられてビビった事とか(褒められたんだけどね)

転換の段取りを覚えるのに頭から煙りでるし、

暗転をうっかり本気で見えなくなって焦ったり、

楽日に舞台監督がセットに小さな遊びを仕掛けたものに吹いたりと

色鮮やかに思い出せます

 

毎日が楽しくて、怖くてのカオス

 

セリフなんて片手も無かったのに出ずっぱり

 

喋らないのに居るだけ

 

座ってるだけの事務のお姉ちゃん

 

これが楽しかったんだ

 

で、たまにしか喋らないからタイミング忘れるんだ

 

ちょみっと言い訳するとですね

喋らないで居る時って舞台上の出演者をみちゃうんです

 

まさに、お客さんです

あれ凄く贅沢なんですよ

最前列よりも近いですから

 

ダメじゃんね

 

座長、言葉では怒られないけど、空気は怒ってたなぁ

ごめんなさい

でも、とっても楽しかった

 

Dotoo!での初舞台はこんな感じでした

画像は男女混合のひろーい楽屋です

池袋芸術劇場の小ホール

 

こんな所でできるんだー!

と、楽屋口から入る自分に

毎日酔ってましたね

 

アッホ〜(笑)

 

卓郎さん、

拾ってくれてありがとうございます😊

素敵なメッセージ嬉しいです!

マノコンフル回転でがんばります!