·会うたびに「あの声やって〜!」

6のお嬢さんからよく言われます

(友人のお子)

 

放送時間は就寝時間で

わざわざ録画をみてくれて   

特番も楽しみ〜!

なんて子供にいわれたら

嬉しくないわけがない

 

チョーご褒美の言葉です!

おばちゃん張り切ってダラダラ読まなくちゃ!

 

 

おばちゃんの読みはさ、

熱くなると元気が出てしまってダメ

抑えすぎると活きいき感が欠けてしまってダメ

よし、も少し活きいき、、、

あ、やり過ぎたw

の繰り返し

 

色んな所に気をつけてんだよwあれでも

 

自分の弱点ゴリゴリさらけ出しまくりのナレーション

 

この弱点さ、わたしの強みでね

いわゆる人と違う所

あれはその塊です

(自己防衛w

あ、言葉が聞き取れなければTV前のお客様には伝わらないので、もちろん整えますよ

(できてるのか?スタッフが寛容というか、キャラに救われているというかw

 

んが、

それをですよ

アナタはいくつもってますか?

人とちがうところ

 

気付いてます?

 

誰しも1つ2つどこしじゃないんだわ

まあまああるのよ

強め弱め、嫌いなところで大小あるでしょ

 

でさ、

これさ、

コンプレックスとも言う

私がそうだったからから

 

そこ

そこ

ウエー

うへー

きらいなんさ〜

それ!

向き合ってw

 

むきだしちゃって!

鍛えちゃって!

誰にも敵わないものになるのよ

 

あなただけのものって事が周りにわかる様になってくるから

それをサンプルに封じ込めるの

 

お恥ずかしいのですが

これ気づいたの最近でね〜

あ、今回コレを書いたのは、ナレーターを目指してる人や

どうしたら自分が見つけられるんだろ〜とか模索してる人のヒントになりたかったから

※ヒントになるのか?

 

こんなポンコツ新谷が一瞬でも地上波に声が乗ってんだからすごいじゃんw

あ、長くなるから続きは次ね

(´▽)/

あとでね〜